2012年06月17日

『4G対応のシムフリー版iPhone・iPadをドコモで契約する方法の調査結果』

ここに来た人は既にシムフリー版を購入した人、もしくは

iPhone4s・新iPadが一早くほしいがシムフリー版しか出回っていない、

ところでシムフリー版って何?ってな方々なのではないでしょうか?

皆さんが知りたいこととは以下のことでしょう。


  @シム(SIM)フリーって何?
  Aシムフリーで出来る事って何?
  Bシムフリーのメリット・デメリットって?
  Cどうやったら使えるようになるのか?


それでは以下で説明していきましょう。


【@シム(SIM)フリーって何?】
ケータイ業界では、もはや話題ではなく課題だと個人的には思っていますが、

それがSIMロックフリーです。

現在販売されている携帯電話には、"SIMカード(SIM)"というICチップが挿入されています。

このSIMには、契約者の電話番号や契約情報などなどが記録されています。

逆に、携帯電話本体(移動機)には "何も" とは言い過ぎですが、

通信に必要な情報は入っていないと思ってもらって良いです。
(あくまでも分かり易くするイメージです。)

通常は、というか現状、日本ではSIMと移動機はセットで販売され、

携帯電話購入時には、購入したキャリア(通信事業者)で契約をするのが基本です。

この際、SIMには通信に必要な情報が書き込まれるため、

購入した直後から使用することが出来るようになるのです。

これをここでは普通版と呼びます。

SIMフリーとは、普通版とは逆に、SIMに何も記録されていない状態のものを指します。

例えば最近では↓のような、シムフリー版NewiPad



【Aシムフリーで出来る事って何?】
何も記録されていない、生まれたての状態ということは、、、

そうです、

 「どのキャリアのものでもない=どこのキャリアにでもなれる」

ということです。
(あくまでもイメージです。)

そこには技術的・企業の戦略的制約があるのですが。。。


【Bシムフリーのメリット・デメリットって?】
個人的には、キャリアからの邪魔や制約が無ければ、ユーザーにとってのデメリットは無いと思っています。

例えば、ソフトバンクがiPhoneのSIMロックを解除して(SIMフリーを解禁して)、ドコモやauで使えるようになったとします。

自分の行動範囲がソフトバンクの電波が悪い所であった場合、その端末のままドコモに契約を移すことが出来るのです。

我々ユーザーにとっては利点が多いはずです。私が気づいていない利点も多いと思います。

ただこの場合、誰かが困ることになります。分かりますか?

それはソフトバンクです。

ネットワークの接続具合ではドコモに一日の長があり、SIMフリーなどしてしまったら、

利用者が一気にそちらへ流れていく可能性がでてきてしまいます。

なので現在、シムフリーに "積極的" なのは、通信インフラが日本一充実しているドコモだけです。

ソフトバンクはドコモに利用者が流れる可能性があり、

auはそもそも通信方式に違いがあり他キャリアでは通信できません。意味無いっす!!

後者の両社ともやってないわけじゃないですよ。

あくまでも個人的には腰が重いなぁと感じているんです。

ユーザーにとって便利であるものは、キャリアにとって不利益である場合があるんだなぁと。

このような企業の戦略や技術的要因により、思うようにSIMフリー化が進んではいません。

あ、ユーザー側にデメリットありました。

例えば、SIMフリーのドコモの携帯電話でソフトバンクやauと契約したとします。

すると、iメールなどドコモに特化していた携帯電話の機能が使えなくなってしまうと思われます。

詳しくはキャリアのショップで聞いてみる必要がありますが。

更に、SIMフリーにすると、キャリアが乗り換えられることを前提に携帯電話を

販売することになるかも知れず、携帯電話の価格が高騰する可能性があります。


【Cどうやったら使えるようになるのか?】
というわけで先日、ドコモショップに行って来ました。

やりたいことは簡単なんです。

技術的な部分で言うと、ドコモのエリアで通話・通信が可能になるようにするために、

移動機に既に入っているSIMカードを抜き取り、ドコモのSIMカードと入れ替えるだけです。

その他に、通話・通信のサービスを受けるためにドコモと契約する必要があります。

今、ドコモの4G対応サービスは「Xi(クロッシィ)」対応プランとなります。

「Xi(クロッシィ)」とは「FOMA」に代わるドコモの新しい通信サービスです。

第4世代のサービスと言われていますので、iPhone4sなどはこれにあたります。

【iPhone4Sをドコモで使用する際の最適プラン】
料金プラン: タイプXi にねん(基本料金780円 / 通話30秒21円)
割引プラン: Xiパケホーダイ フラット(基本料金5985円)
オプション1: moperaUスタンダードプラン(基本料金525円)
オプション2: iモード(基本料金315円)、iモード.net(基本料金210円)

上記のプランでの使ってみて、結果として「ドコモサービス最強」にたどり着いた調査内容がこちらです。
ドコモでiPhone4Sを使ってみた / ソフトバンクで使ってた自分が馬鹿に思えてくるレベル

新しいiPadのオシャレな周辺機器情報はこちらヽ(^▽^)ノ

以上です。
ありがとうございました。
posted by つぶやきマン at 14:32| Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。